2014年11月26日水曜日

【14公演スタッフ紹介②】制作の紹介!


ブログを見てくださる皆様
おはようございます こんにちは こんばんは
おはようからおやすみまで舞台を見つめる
14公演二回目のブログ更新をさせていただくのは
前回紹介いただいた舞台監督を務めさせていただくふくざわですー!


第一回目の記事を読んでくださったと思うので、わかるとは思いますが
今回は自分の役職じゃなくて他のセクションの紹介をしていきます!笑



さて早速ですが今回紹介するセクションは
 
” 制作 ” さんです!!!


まずはじめに、今回の公演をたてるうえで舞台に参加する座組を引っ張っていく三役と呼ばれる3つの役職があることをご存知ですか?
脚本を書いて、稽古場をまとめ、お話の世界をキャストと作り上げていく”脚本・演出家”
公演を成功させるために調整するセクション”舞台監督”
そして、最後に
皆が稽古をできるように準備してくれたり、お客さんに公演の宣伝をしてくれたり皆が見えないところで一番働いてくれて頑張ってくれる”制作”。

制作さんの仕事をあげ始めると多分キリがないほどあります。
むしろ私も全貌が見えないぐらいです!
それを見えないところで丁寧にしてくれる制作さん。

そんな制作を今回勤めてくれるのが

可愛らしい笑顔でスタッフを癒してくれて
仕事も丁寧でかつ迅速で完璧、
誰よりも一生懸命で頑張ってくれて、私の心のささえのチーフ(大好き!) はるか(山本遥) と
とにかく仕事が早くて
今回においては制作の仕事を超えて舞監補としての仕事もしてくれる(超助かる。笑) ひかる(柴崎輝) が二人で頑張ってくれてます!






公演まで残り約三週間、
演出・脚本のこやまと
制作のはるかとひかる
そして私を含めた四人で引っ張っていき
座組総勢21人で舞台を作り上げ、完成させたいと思っています!



ぜひ、公演にいらしてください!


0 件のコメント:

コメントを投稿