2019年4月27日土曜日

【2019年度新歓公演】 終演のご挨拶

ミュージカルサークルEM2019年度新歓公演『嗚呼、花盛り。』は、無事終演いたしました。
ご来場いただきました皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございました。
今後もミュージカルサークルEMの活動の応援をよろしくお願いいたします!

今回は作・演出の長島朱音より終演の挨拶をさせていただきます。

*******************

先日、ミュージカルサークルEM2019年度新歓公演「嗚呼、花盛り。」が無事終演いたしました。応援してくださった方々、見にきてくださった皆さま、ありがとうございました!
作・演出をつとめました、長島朱音です。

今回は、自身のことに悩みながらも、下がっていた顔をあげて、止まっていた足を奮い立たせて、自分たちなりの一歩を踏み出していく高校生たちの物語でした。新しいことを始めてみたい気持ちとそれに対する怖さが同時に起こる今の時期だからこそ、たくさんの人に届いてほしいと思いながらつくってきました。きっと、あの子に、あのシーンに、共感できる部分が何かしらあったのではないでしょうか。

さて、劇中の高校生たちも舞台づくりに挑戦していましたが、終演挨拶ということで、こっちの舞台づくりの話もしたいところです。

今回は新入生歓迎公演。脚本演出をやることになった時、ミュージカルサークルEMのことを新しく知る方へ向けて、どうにかしてこの場所の楽しさだとか面白さだとかを100%、いや200%分届けにいこう、というくらいの勢いで筆をとったのを覚えています。

もちろんトントン拍子にいかないことは多々あり、最初から最後まで悩んで迷って自分が情けなくなることばかりでしたが、本番が近づくにつれて、いつの間にか座組の他のメンバーたちがずっと隣で笑ってくれているような気がしていました。何とも言語化しがたい感覚ではあるのですが、一年を共に過ごして信頼できるようになった同期と、「EMのためにやるよ」とこの公演に参加してくださった先輩方、それぞれの全力のエネルギーの熱さに、何度も助けられる瞬間がありました。

EMってすごいんですよ。いや、所属しているわたしが言うのもおかしいですが、どうしても言いたくてですね。EMのひとたちって役者もスタッフも関係なく、自分のやりたいことにまっすぐで、その熱量を周りに届ける力もあって、舞台の上やその裏でまぶしいくらいに発揮していくんです。そうしてできあがっていくのが、お客さんに届ける本番です。
そんな彼らのとんでもない魅力を何としてでも伝えたいからわたしは演出をやるし、その想いのまま、今回も終演の瞬間まで前を向き続けることができたのだと思います。

舞台づくりの面白さ、自分のやりたいことを真剣に楽しんでやることの尊さ。見に来てくださった方には、それらがどこまで伝わったでしょうか。

最後に、今回の公演でも、これからの公演でも、見るだけではなくEMの舞台の「こっち側」に興味がわいた人!いつでも、その一歩を踏み出してみてください。
わたしたちと一緒に、花を咲かせてみませんか。咲かせる場所も、時期も、どんな花かも、あなたが決めていいんです。EMは、そのはじまりの地になれる場所です。

改めまして、ミュージカルサークルEM2019年度新歓公演「嗚呼、花盛り。」を応援してくださった方、見に来てくださった方、愛してくださった方へ、心からの感謝を送ります。本当に、本当にありがとうございました!!!

これからのミュージカルサークルEMの活動も、よろしくお願いいたします。


作/演出 長島朱音




0 件のコメント:

コメントを投稿